January 4, 2016 / 9:07 AM / 4 years ago

イラン、サウジの断交発表を非難 「緊張高める口実探している」

 1月4日、イランの首都テヘランで群衆がサウジアラビア大使館を襲撃したことへの対抗措置として、サウジがイランと断交したことについて、イラン外務省は4日、緊張を高める口実を探しているとしてサウジを非難した。写真はサウジアラビア国旗。khobaで2010年1月撮影(2016年 ロイター/Fahad Shadeed)

[ドバイ 4日 ロイター] - イランの首都テヘランで群衆がサウジアラビア大使館を襲撃したことへの対抗措置として、サウジがイランと断交したことについて、イラン外務省は4日、緊張を高める口実を探しているとしてサウジを非難した。

サウジアラビアがシーア派指導者を処刑したことに怒ったイランの群集は3日、サウジ大使館を襲撃。これを受けてサウジは自国外交官をイランから引き揚げ、イランの外交官らにサウジからの退去を命じた。

イラン外務省のスポークスマンは、テレビに出演し「イランは、国際慣行に従って、外交官の安全を守る所存だ。しかしサウジアラビアは、この事件を利用して、緊張感を高めようとしている」と強調した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below