January 4, 2016 / 3:49 AM / 3 years ago

サウジがイランと断交、シーア派指導者処刑で宗派対立悪化

[リヤド 3日 ロイター] - サウジアラビアは3日、イランの首都テヘランのサウジ大使館襲撃を受け、イランとの外交関係を断絶した。イスラム教スンニ派のサウジ王室と国民の大半をシーア派が占めるイランの関係は、サウジがサウジ王室に批判的だったシーア派の有力指導者ニムル師を処刑して以来、急速に悪化している。

サウジのジュベイル外相は記者会見で、在サウジのイランの全外交官や関係者に対し、48時間以内の国外退去を命じたと明らかにした。

サウジの断交発表を受け、イランのHossein Amir-Abdollahian外務副大臣は国営テレビに対し、サウジは外交関係を絶つことで「ニムル師処刑という大きな過ち」を隠すことはできないと非難した。

オバマ米政権の当局者は「相違を乗り越えるには外交交渉と直接対話が引き続き不可欠だと考えている」とし、「地域の指導者に対し緊張緩和に向けて積極的に取り組むよう今後も要請していく」と述べた。

テヘランでは3日、ニムル師の処刑に抗議する群衆がサウジ大使館を襲撃し、家具を破壊するなどした。

イランの国営メディアによると、ロウハニ大統領は処刑を「非人道的だ」と非難した一方で、サウジ大使館と北東部マシャドのサウジ領事館を襲撃した人物の訴追を要請した。テヘランの警察当局者は火炎瓶や石で大使館を襲撃したとして複数の人物を逮捕したと述べた。検察当局者によると40人が身柄を拘束されている。

イランの最高指導者ハメネイ師は、サウジの政治家らが「神の報復」を受けるだろうと非難した。

シーア派が政府を主導するイラクでは、宗教・政治指導者らがサウジとの断交を求め、過激派組織「イスラム国」に対抗するため協力関係を構築しようとするサウジの取り組みを疑問視した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below