for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サウジ主導の連合軍、フーシ派の爆発物搭載ドローンを迎撃

[ドバイ/カイロ 14日 ロイター] - イエメンのイスラム教シーア派武装組織「フーシ派」と戦うサウジアラビア主導の有志連合軍は14日、フーシがサウジに向けて発射した2発の爆発物を破壊したと発表した。

サウジ国営テレビも14日遅く、連合軍が爆発的を搭載したドローン1機を迎撃したと報じた。

有志連合軍の報道官によると、ドローンはサウジ南部のアブハー空港近くにある都市ハミース・ムシャイトにある民間施設を標的としていた。

一方、フーシ派の報道官は、14日午後に発射したドローン2機がアブハー空港に命中したと発表した。

サウジに向けた攻撃が行われるのは過去4日間で5回目。フーシ派はこれらの全てについて、サウジ南部の飛行場や軍基地に命中したとしている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up