for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米シュルンベルジェ、北米フラッキング事業売却 需要急減に対応

[1日 ロイター] - 米石油サービス大手シュルンベルジェSLB.Nは北米のシェールオイル・ガスの水圧破砕(フラッキング)事業を同業の米リバティー・オイルフィールド・サービシズ LBTR.Nに売却する。

米石油関連企業はエネルギー需要の急減に対応するため、コスト削減を迫られている。売却額は新たな共同企業の37%株式で、手続きは今年第4・四半期中に終了する見通し。

シュルンベルジェは約3年前にカナダのウェザーフォード・インターナショナルからフラッキング事業を4億3000万ドルで買収。ただ事業は低調で、プェッシュ最高経営責任者(CEO)は今年に入り、事業縮小を計画していることを明らかにしていた。

シュルンベルジェとリバティーは第2・四半期は共に赤字を計上している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up