January 4, 2019 / 3:02 AM / in 3 months

F1=シューマッハー氏が50歳の誕生日、ハミルトンらが祝辞

 1月3日、自動車レースF1で個人総合優勝7回を誇るミヒャエル・シューマッハー氏(写真)が50歳の誕生日を迎え、かつて所属したフェラーリや、メルセデスのルイス・ハミルトンなどが祝辞を贈った。ベルギーで2012年8月撮影(2019年 ロイター)

[ロンドン 3日 ロイター] - 自動車レースF1で個人総合優勝7回を誇るミヒャエル・シューマッハー氏(ドイツ)が3日に50歳の誕生日を迎え、かつて所属したフェラーリや、メルセデスのルイス・ハミルトン(英国)などが祝辞を贈った。

シューマッハー氏はキャリア通算18シーズンのうち、15シーズン連続(1992─2006)で最低でも1大会で優勝。メルセデスに所属していた2012年に引退した。同氏は、13年12月29日のスキー事故で頭部を負傷して意識不明の重体に陥り、現在の状態は明かされてない。

フェラーリは「われわれのチャンピオンが本日50歳になった。全員が君を応援している。戦い続けて」とのメッセージを贈った。シューマッハー氏はフェラーリ在籍時の2000─04年に5年連続で個人総合優勝を果たした。

F1を統括する国際自動車連盟(FIA)のジャン・トッド会長は、ツイッターで「ミヒャエル、君はこれまでも、そしてこれからも常にファイターだ」と述べた。

個人総合優勝5回のハミルトンは、マクラーレン時代にシューマッハー氏とレースで戦い、同氏引退後の2013年からメルセデスに所属している。ハミルトンはインスタグラムで「あなたとレースしたと言えることが、どれほど名誉なことか。私にとっても、世界にとっても、常に本物の刺激だった。チャンピオン、戦い続けてくれ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below