April 25, 2019 / 6:55 AM / in 3 months

脳の信号から合成音声、言語障害の人に希望 米大学の研究で

 脳卒中などの病気で話す能力を奪われた人たちが、脳の活動を利用して合成音声を生成する技術により、声を取り戻せるとの期待が広がっている。写真は精神科病院で撮影した人間の脳。2017年7月19日、ベルギーで撮影(2019年 ロイター/Yves Herman)

[ワシントン 24日 ロイター] - 脳卒中などの病気で話す能力を奪われた人たちが、脳の活動を利用して合成音声を生成する技術により、声を取り戻せるとの期待が広がっている。

米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の科学者らは、被験ボランティアの脳に電極を埋め込み、脳の言語中枢からの信号を解読。唇、あご、舌、喉頭の動きをコンピューターでシミュレーションし、シンセサイザーで音声を生成した。不明瞭な一部を除けば、ほとんどが分かりやすいものだったという。

研究者の間では、今後数年のうちに、言葉に障害のある患者のために臨床的に実行可能な装置が開発される可能性があるという希望が生まれた。

報告書の著者の1人で、UCSFの博士課程の学生であるジョシュ・シャルティエ氏は「最初に結果を聞いた時、わたしたちはショックを受け、耳を疑った。シンセサイザーから聞こえる音声に、実際の話し声の多くの部分が含まれていたことは非常に刺激的だった」と述べた。

同氏によると「音声をもっと自然で分かりやすいものにするためには、もっと多くの研究が必要なのは明らかだが、脳の活動からこれだけ多くの情報を解読できたことには非常に感銘を受けた」という。

脳卒中、脳性麻痺、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、パーキンソン病、多発性硬化症(MS)、脳損傷、がんなどの病気では、話す能力が失われることがある。

人によっては、目や顔の筋肉の動きを追跡する装置を使って文字ごとに単語をつづる人もいる。ただ、この方法で文字や合成音声を生成するのは毎分10語以下と、自然言語の同100―150語に比べて非常に遅い状態となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below