August 16, 2018 / 2:11 AM / 2 years ago

米上院、大型歳出法案を審議へ トランプ大統領は一部項目に反対

 8月15日、米上院の議員らは、国防、労働、医療関連の支出を賄う8500億ドル超規模の一括歳出法案について、数日内に審議と採決を行うことで合意した。写真は米議会議事堂。2月にワシントンで撮影(2018年 ロイター/Leah Millis)

[ワシントン 15日 ロイター] - 米上院の議員らは15日、国防、労働、医療関連の支出を賄う8500億ドル超規模の一括歳出法案について、数日内に審議と採決を行うことで合意した。ただ、トランプ政権は一部項目について反対を表明している。

一括歳出法案には、国防総省の予算として約6750億ドルが盛り込まれたほか、労働、厚生、教育の各省が管轄する国内の政府プログラムの費用として約1820億ドルが含まれた。

議会筋によると、上院は、トランプ大統領が国内プログラム向けの予算に拒否権を発動しないように、国防総省予算と統合させて一括法案とした。

トランプ大統領は、メキシコ国境の壁建設に向けた費用など、自身が掲げる優先項目が予算案に反映されなければ、9月末の現行予算の期限切れに伴う連邦政府閉鎖も辞さないと警告している。

政権側は15日、歳出法案に関する見解を表明。拒否権発動はちらつかせなかったが、トランプ政権が提案した教育や医療研究などの分野での支出削減が踏まえられていないと批判。

また、国防予算についても、アフガニスタンの治安改善への協力など一部の項目で割当額が削減されていることに反対を表明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below