Reuters logo
米SECデータベースに不正アクセス、金融取引に利用した可能性
September 21, 2017 / 1:32 AM / 3 months ago

米SECデータベースに不正アクセス、金融取引に利用した可能性

[ワシントン 20日 ロイター] - 米証券取引委員会(SEC)は20日、ソフトウエアの弱点を突いてデータベース上の非公開情報に何者かがアクセスしたことを明らかにした。入手した情報を利用して金融取引を行い、不正に利益を得た可能性があるとした。

SECの発表によると、侵入があったのは企業財務情報公開システム「EDGAR」で、2016年に発生した。SECは以前からこの件を把握していたが、先月になって金融取引で利益を得た可能性があることが分かったという。

ソフトウエアの脆弱(ぜいじゃく)性は「発見後、速やかに」修正されたと説明した。

その上で「個人を特定できる情報への不正アクセスにはつながらず、SECの業務を妨げたり、システム全体を危険にさらすような事態にはならなかった」との見方を示した。

SECはこの件の調査を進めているとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below