October 2, 2014 / 3:57 AM / 5 years ago

シークレットサービス長官が引責辞任、ホワイトハウス侵入事件で

 10月1日、米大統領警護隊(シークレットサービス)のジュリア・ピアソン長官(写真)がホワイトハウスに男が侵入した事件など不祥事が相次いだことを受け、引責辞任した。9月撮影(2014年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米大統領警護隊(シークレットサービス)のジュリア・ピアソン長官が1日、ホワイトハウスに男が侵入した事件など不祥事が相次いだことを受け、引責辞任した。ピアソン氏は9月30日に下院の公聴会で、「すべての責任」を取ると述べた。

翌10月1日にジョンソン国土安全保障長官に辞任の意向を伝え、受け入れられた。

9月19日にはナイフを持った男がホワイトハウスのフェンスを乗り越え、建物に侵入。またオバマ大統領のアトランタ訪問時に、武器を持った前科のある民間警備員がエレベーターに同乗するという規律違反が明らかになっていた。

ピアソン氏は女性初のシークレットサービス長官として、昨年3月に就任した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below