April 20, 2018 / 1:10 AM / 5 months ago

日米通商交渉の新たな枠組みに期待、しっかり支える=世耕経産相

[東京 20日 ロイター] - 世耕弘成経済産業相は20日、閣議後の会見で、日米間の通商問題について茂木敏充経済再生担当相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表による新たな協議の枠組みで合意されたことに期待を表明し、経産省としてこれを支えていくと述べた。

 4月20日、世耕弘成経済産業相は、閣議後の会見で、日米間の通商問題について茂木敏充経済再生担当相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表による新たな協議の枠組みで合意されたことに期待を表明し、経産省としてこれを支えていくと述べた。写真は3月にブリュッセルで欧州委員とライトハイザーUSTR代表との会談に向かう同経済産業相(2018年 ロイター/Francois Walschaerts)

世耕経産相は日米首脳会談について「日米間の貿易や投資を拡大させ、公正なルールに基づいて自由で開かれたインド太平洋地域の経済発展を実現させるため、自由で公正かつ相互的な貿易取引のための協議を開始することで合意した」とし、「実りある議論がなされることを期待する」と述べた。

今後の協議に臨む日本側の体制についてはまだ何も決まっていないとした。

米国による鉄鋼・アルミニウム関税引き上げの対象から除外するよう求めていた日本の要求が実現しなかったことについては「引き続き、粘り強く協議していくということに尽きる」と述べた。

宮崎亜巳

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below