Reuters logo
空自が戦闘機派遣し警告、中国のドローンらしき物体に
May 19, 2017 / 3:03 AM / 7 months ago

空自が戦闘機派遣し警告、中国のドローンらしき物体に

[東京 19日 ロイター] - 稲田朋美防衛相は19日午前の閣議後会見で、日本が固有の領土としている尖閣諸島(中国名:釣魚島)周辺で前日飛行が確認された中国のドローン(小型無人機)らしき物体に対し、航空自衛隊が戦闘機など4機を向かわせ警告していたことを明らかにした。

 5月19日、稲田朋美防衛相(写真)は午前の閣議後会見で、日本が固有の領土としている尖閣諸島(中国名:釣魚島)周辺で前日飛行が確認された中国のドローン(小型無人機)らしき物体に対し、航空自衛隊が戦闘機など4機を向かわせ警告していたことを明らかにした。写真は都内で昨年9月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

稲田防衛相は「事態をエスカレートさせるものであって、まったく受け入れられない。わが国の主権に対する深刻な侵害であると考える」と強く非難した。

防衛省の説明によると、空自はもともと別の対領空侵犯措置でF15戦闘機2機、早期警戒機E─2Cと早期警戒管制機AWACS各1機を緊急発進(スクランブル)させていた。海上保安庁から、尖閣周辺を航行中の中国公船近くでドローンらしき物体が飛んでいるとの連絡を受け、急きょ現場に向かわせた。

海上保安庁によると、18日午前に中国海警局の公船4隻が相次いで尖閣諸島の周囲22キロ内に侵入。同日午前11時前、海保の巡視船が公船1隻の船橋前方にドローンのような物体が飛んでいるのを初めて確認した。

現場に向った空自機は、ドローンに最も近かった公船に対し、飛行をやめるよう無線で警告した。防衛省幹部は「今回見られたような無人機であれば、近くに操縦者がいると考えられる。船に対して警告するのが有効だ」としている。

中国公船は4隻とも18日正午過ぎまでに22キロ外へ出た。

日本は尖閣諸島を歴史的、国際法的にも固有の領土とする一方、中国も領有権を主張している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below