March 22, 2018 / 12:19 AM / 6 months ago

独BMW、ウーバー死亡事故でも自動運転車試験方針を堅持

[ミュンヘン 21日 ロイター] - ドイツの自動車大手BMW(BMWG.DE)は、米配車大手ウーバー・テクノロジーズの自動運転車が死亡事故を起こしたことを受けても、自動運転車の試験方針を堅持する意向だ。研究開発担当のクラウス・フローリッヒ取締役が21日、明らかにした。

3月21日、ドイツの自動車大手BMWは、米配車大手ウーバー・テクノロジーズの自動運転車が死亡事故を起こしたことを受けても、自動運転車の試験方針を堅持する意向だ。写真はミュンヘンで行われたBMWの記者会見場で撮影(2018年 ロイター/Michael Dalder)

BMWは自動運転車の試験台数を年内に従来の2倍となる約80台に増やすという。

フローリッヒ氏はウーバーの死亡事故について「誠に遺憾な事故」としつつも「自動運転車に関する当社の方針に変わりはない」と主張した。

同氏は自動運転車の本格導入へ向けた「道のりは長い」と指摘。BMWは高い安全基準に基づいた独自の試験を実施していると付け加えた。

BMWは自動運転車を2021年に導入する計画。フローリッヒは、自動運転で発生する大量のデータを処理するシステムが開発されていないため、導入時期を前倒しできる公算は小さいとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below