April 6, 2018 / 2:01 AM / 11 days ago

焦点:技術も人も未熟な自動運転、ウーバーとテスラの事故で露呈

Nick Carey and Paul Lienert

 4月3日、米配車サービス大手ウーバーと電気自動車大手テスラの自動運転車による死亡事故を受け、米自動車専門家は、自動運転車に潜在的危険を検知する能力の基準を設けるべきだと指摘する。写真は、ウーバーの事故車両を調べる米運輸安全委員会(NTSB)の調査員。3月撮影。NTSB提供(2018年 ロイター)

[3日 ロイター] - 米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズUBER.ULと電気自動車大手テスラ(TSLA.O)の自動運転車による死亡事故を受け、米自動車専門家は、自動運転車に潜在的危険を検知する能力の基準を設けるべきだと指摘。また、ドライバーに常に車のコントロールを取る気構えを保たせる工夫も必要との見方を示した。

自動車メーカーやテクノロジー企業は、自動運転機能で走行中に必要が生じた場合は、人のドライバーが介入することをあてにしている。だが最近起きた2つの事故において、どちらのドライバーも事故が起きる前に何も行動を取らなかった。これら車両は異なる技術を使用している。

自動運転車は、レーダーのようなセンサーやカメラのほか、道路の危険を検出するためにレーザー光を使用するライダーで成り立っている。しかし、こうしたシステムには基準がないばかりか、全てのメーカーが同じ組み合わせのセンサーを使用しているわけではない。一部の車両には盲点がある可能性もある。

ドライバーに注意を促しても、響かないこともよくある。

「思いのほか、人には自動運転に取って代わる能力がない」と、自動運転車の専門家で投資家のエバンゲロス・シモウディス氏は言う。

米アリゾナ州で先月起きたウーバーの事故では、商業利用に向けた完全自動運転システムのテスト中、車両が道路を横断中の女性に衝突し、女性は死亡した。車内から撮影された映像では、ドライバーは道路ではなく、下を向いているように見える。映像が切れる直前になってドライバーは道路を見上げ、急にショックを受けたような表情に見える。

同じく先月のテスラの事故では、市販されている「モデルX」が半自動運転機能「オートパイロット」で走行中に衝突事故を起こし、ドライバーが死亡した。同社によると、ドライバーは直前にハンドルを握るよう警告を受けていたという。

テスラのような一部の半自動運転機能を備えた車両は、ドライバーが車線から外れないように、あるいは一定の車間距離を維持するように支援するさまざまなテクノロジーを採用している。そのようなシステムは、音を出したりハンドルを振動させたりして警告を出し、ドライバーの注意を引いている。

<未熟なテクノロジー>

ウーバーとテスラの衝突事故について、機械工学を専門とする米デューク大学のミッシー・カミングス教授は「彼らが使用しているテクノロジーは未熟である」ことを露呈したと指摘する。

テスラは、自社のテクノロジーについて、運転を向上させて命を救っていることが統計的に証明されているとしている。同社は3日、ロイターに対し、「オートパイロット」機能を使う際は、ドライバーには「車両のコントロールを維持する責任」があり、「警報音や視覚的な警告」に応じる態勢でいる必要があると答えた。

一方、ウーバーの広報担当者は「あらゆる面において、安全はわが社の最優先課題だ」と語った。

Slideshow (2 Images)

自動車の安全を訴える米消費者団体「Advocates for Highway and Auto Safety」は、上院に現在とどまっている自動運転車に関する法案について、安全性を向上させる上での好機と捉えている。同法案の当初の狙いは全く異なり、公道で人のコントロールなしに自動運転車を試験走行させることを迅速に許可することにあった。

同団体は自動運転車の基準を設けることを求め、法案の修正を提案している。例えば、自動運転車に搭載されているさまざまなセンサーが実際にどのように機能しているかをテストする「ビジョンテスト」を義務付けることなどだ。

法案には、現在対象となっているものより低いレベルの技術とされるテスラの「オートパイロット」のような半自動運転システムも含まれるべきだと同団体は考えている。

他の団体も自動運転車に関する提案を行っている。その中には、自動運転車だけでなく、半自動運転システムを搭載した車両が、性能目標を満たすことや、メーカーなどによる透明性やデータの向上、規制監督の厳格化、そして、人のドライバーへのモニタリングや関与の向上などが含まれている。

一方、人のドライバーに重点を置く団体もある。昨年11月、「コンシューマー・リポート」誌は、自動車メーカーに対し、自社の自動運転機能について「消費者が完全に理解することを助けるため」責任ある表示説明を求めた。

同誌で自動車試験を担当する責任者ジェイク・フィッシャー氏は、ドライバーについて、「オートメーションに注意を払うのが苦手。この技術はあらゆるタイプの緊急事態に対応することはできない」と指摘。

「よちよち歩きの子どもが運転している車に乗っている乗客のようだ」と同氏は語った。

米マサチューセッツ工科大学(MIT)は、テスラやボルボ、ジャガー・ランドローバーやゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)のモデルを含む半自動運転機能を備えた車両を使って試験走行を行っている。その目的は、ドライバーがどのように同機能を使っているのか、また、どのような警告が注意を引くのかについて調べることだ。中には、自動運転中にハンドルから手を離して運転する人もいる。

「ドライバーがこうしたシステムを実際にどのように使っているのか、まだ十分に分かっていない」とMITの研究者ブライアン・ライマー氏は話す。

また、自動運転システムの専門家で米ノートルダム大学の教授であるティモシー・カローヌ氏は、自動運転技術の支持者は、同技術の開発を妨げたり止めたりすることなく、適切に試すことができるバランスを見いださなくてはならないと指摘。

「長期的に見れば、命を救うことになるからだ」と同氏は語った。

    (翻訳:伊藤典子 編集:山口香子)

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below