September 7, 2019 / 3:41 AM / in 16 days

陸上=五輪連覇も競技継続困難のセメンヤ、サッカークラブと契約

 陸上女子800メートルで五輪2連覇中ながら先天的に男性ホルモンのテストステロン値が高いことを巡る一連の争いで今後の競技継続が困難になりつつあるキャスター・セメンヤ(南アフリカ)が、同国の女子サッカークラブ「JVW」と契約を結んだ。南アフリカのヨハネスブルクで8月撮影(2019年 ロイター/Siphiwe Sibeko)

[6日 ロイター] - 陸上女子800メートルで五輪2連覇中ながら先天的に男性ホルモンのテストステロン値が高いことを巡る一連の争いで今後の競技継続が困難になりつつあるキャスター・セメンヤ(南アフリカ)が、同国の女子サッカークラブ「JVW」と契約を結んだ。

セメンヤは、400メートルから1600メートルの競技はテストステロンの値を下げる薬を服用した場合のみ出場できるという国際陸連(IAAF)の新規定に対し、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴したが、CASはIAAFの規定を支持。セメンヤは今月から始まる世界選手権を欠場する見込みとなっている。

今回のサッカーへの挑戦が陸上以外のキャリアに向けた準備ともみられているセメンヤは、JVWのウェブサイトで「この機会をありがたく思う。新たな挑戦は楽しみで、自分がクラブに貢献できることを願っている」とする声明を発表した。

セメンヤは今後サッカーのトレーニングを続け、2020年に同国のトップリーグデビューを目指すという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below