January 26, 2019 / 1:32 AM / 6 months ago

テニス=全豪初優勝かかるクビトバ、「なおみは絶好調」

 1月25日、テニス全豪オープン、女子シングルス決勝で大坂なおみと初対戦するペトラ・クビトバ(写真)は、最高のテニスをしなければならないと警戒した。メルボルンで24日撮影(2019年 ロイター/Edgar Su)

[メルボルン 25日 ロイター] - テニスの四大大会初戦、全豪オープンの女子シングルス決勝で大坂なおみと初対戦するペトラ・クビトバ(28、チェコ)は、大坂を「絶好調」と評し、最高のテニスをしなければならないと警戒した。

クビトバは2016年にチェコの自宅にナイフを持った人物が侵入し、利き手の左手に重傷を負って4時間に及ぶ手術を受けた。その影響で17年の全豪は欠場。体だけでなく心に負った深い傷も癒さなければならなかった。

2011年、14年にウィンブルドン選手権を制した実績を持つクビトバは25日、「これまでのグランドスラム決勝とは違う」とコメント。「コートが芝ではないこともあるが、いろんなことを乗り越えてきたからだと思う。これまでの決勝とは違うけれども、ピリピリしているわけではない」と心の内を説明した。

大坂については「いま乗りに乗っている」とコメント。「私と同じアグレッシブなプレーヤーなので、ポイントの奪い合いになるのではないか」と展開を予想した。

大坂は現在世界ランク4位で、クビトバは6位。決勝で勝ったほうが最新ランキングで世界1位に躍り出る。

*カテゴリーを追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below