for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国半導体産業、20年の売上高は前年比+17.8%=業界団体

 3月17日 中国の半導体業界団体「中国半導体行業協会」の周子学理事長は、国内半導体産業の2020年売上高が前年比17.8%増の8910億元(1370億ドル)だったことを明らかにした。写真は2016年2月、北京で撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[上海 17日 ロイター] - 中国の半導体業界団体「中国半導体行業協会」の周子学理事長は17日、国内半導体産業の2020年売上高が前年比17.8%増の8910億元(1370億ドル)だったことを明らかにした。

半導体受託生産大手である中芯国際集成電路製造(SMIC)の董事長(会長に相当)も務める周理事長は「SEMICON China」で、現在の世界的な半導体供給不足は前例のない事態だと指摘、「業界は1999年にも同様な危機に見舞われたが、規模はもっと小さかった」と述べた。「われわれは、協力を強化し、イノベーションにもっと関心を払う必要がある。そうしてこそ、われわれの業界は直面する試練を制御することができる」と述べた。

中国は世界最大の半導体輸入国となっている一方、国内生産面では存在感が薄く、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に対する米制裁をきっかけに海外半導体企業への依存を減らす必要性が意識されている。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up