for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

世界の半導体売上高、今年は鈍化 来年減少へ=ガートナー

 7月27日、IT調査会社ガートナーは、世界の半導体売上高が今年伸び悩み、来年には2.5%減少するとの見通しを示した。写真はルネサスエレクトロニクスのチップ。2013年3月、都内で撮影(2022年 ロイター/Yuya Shino)

[ストックホルム 27日 ロイター] - IT調査会社ガートナーは27日、世界の半導体売上高が今年伸び悩み、来年には2.5%減少するとの見通しを示した。

スマートフォンとパソコンの販売低迷が響く見通し。インフレの進行やエネルギー・燃料価格の上昇が消費者の可処分所得を圧迫するとしている。

今年の世界の半導体売上高は7.4%増の6392億ドルとなる見通し。従来予想の13.6%増から下方修正した。昨年は26.3%増だった。

来年の世界の半導体売上高は6231億ドルに減少する見通しという。

同社のバイスプレジデント、リチャード・ゴードン氏はインタビューで「さらに大幅に悪化する可能性も十分あるが、恐らく来年に底入れし、2024年に回復が始まるだろう」と述べた。

供給制約は5G(第5世代)通信設備など一部のセクターで続いているが、来年上半期には改善する見通しという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up