Reuters logo
米バークシャーのオンコー買収白紙に、米センプラが奪取へ=関係筋
2017年8月21日 / 06:04 / 1ヶ月前

米バークシャーのオンコー買収白紙に、米センプラが奪取へ=関係筋

 8月21日、関係筋によると、経営破綻した米エナジー・フューチャー・ホールディングスは、傘下のテキサス州最大の送電会社オンコー・エレクトリック・デリバリーを巡り、米バークシャー・ハザウェイに90億ドルで売却する計画を破棄し、代わりに米センプラ・エナジーの94億5000万ドルでの買収案を受け入れる。写真はバークシャー・ハザウェイCEOのバフェット氏。2015年5月ネブラスカ州オマハで撮影(2017年 ロイター/Rick Wilking)

[20日 ロイター] - 関係筋によると、経営破綻した米エナジー・フューチャー・ホールディングスは、傘下のテキサス州最大の送電会社オンコー・エレクトリック・デリバリーを巡り、米バークシャー・ハザウェイ(BRKa.N)に90億ドルで売却する計画を破棄し、代わりに米センプラ・エナジー(SRE.N)の94億5000万ドルでの買収案を受け入れる。

センプラが買収案について、テキサス州公益事業委員会(PUCT)と米破産裁判所からの承認獲得を保証したことを受けて、エナジー・フューチャーの取締役会が20日に決定したという。

バークシャーを率いる著名投資家ウォーレン・バフェット氏にとって打撃となる。

バークシャーは先週、オンコ―の買収提示額を引き上げない方針を示していた。

関係筋によると、同社はセンプラの対抗案を受けて、エナジー・フューチャーにオンコ―の配当維持を認める案を示したものの、提示価格の差を埋めるには十分でなかったという。

センプラとバークシャーからのコメントは得られていない。オンコ―とエナジー・フューチャーはコメントを控えた。

関係筋によると、バークシャーへのオンコ―売却に反対していたエナジー・フューチャーの最大債権者であるヘッジファンドのエリオット・マネジメントは、センプラへの売却を支持する意向を示しているという。

エリオットからのコメントは現時点で得られていない。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below