September 27, 2018 / 11:42 PM / 23 days ago

9月東京都区部消費者物価(除く生鮮)は前年比+1.0%=総務省

[東京 28日 ロイター] - 9月の東京都区部消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は101.0となり、前年同月比1.0%上昇した。4カ月連続でのプラス幅拡大。前月は同0.9%の上昇だった。引き続き、エネルギー価格が全体をけん引したことに加え、外国パック旅行費などの上昇が寄与した。

 9月28日、9月の東京都区部消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は101.0となり、前年同月比1.0%上昇した。写真は都内銀座の化粧品店で2016年3月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

内訳を見ると、エネルギーが前年比6.4%上昇したほか、外国パック旅行費は同13.0%の上昇となった。また、食パンが7月に値上げされた影響などが出始め、生鮮食品を除く食料が同1.1%上昇した。

この結果、コアCPIは前年比1.0%の上昇となり、2015年3月(2.2%の上昇)以来の水準を付けた。もっとも、都区部の物価は消費税増税の影響を除いたデータを公表しておらず、単純比較はできない。

一方、総合指数は前年比1.3%上昇、生鮮食品およびエネルギーを除く総合指数は同0.7%上昇した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below