Reuters logo
テニス=元女王グラフ氏、セリーナの記録更新に太鼓判
2017年11月6日 / 02:21 / 12日後

テニス=元女王グラフ氏、セリーナの記録更新に太鼓判

[珠海(中国) 5日 ロイター] - 女子テニスで元世界ランク1位のシュテフィ・グラフ氏(ドイツ)は5日、今年出産を終えたセリーナ・ウィリアムズ(36、米国)が復帰をすれば、シングルスでマーガレット・コート氏(オーストラリア)の持つ歴代最多の四大大会24勝を「確実に」超えるだろうと述べた。

 11月5日、女子テニスで元世界ランク1位のシュテフィ・グラフ氏(ドイツ)は、今年出産を終えたセリーナ・ウィリアムズ(36、米国)が復帰をすれば、シングルスでマーガレット・コート氏(オーストラリア)の持つ歴代最多勝利数を「確実に」超えるだろうと述べた。写真は、今年の全豪オープンで優勝した時のセリーナ。1月にメルボルンで撮影(2017年 ロイター/Thomas Peter)

セリーナは1月の全豪オープン(OP)に妊娠約2ヶ月で出場し、優勝。23回目の四大大会制覇を果たし、グラフ氏の22勝を上回り2位に浮上、歴代最多まであと1勝とした。それ以降ツアーからは離脱しているが、自身のSNS上には度々、妊娠中でもラケットでボールを打っている様子を捉えた動画を掲載していた。

さらに8月の「Vogue Magazine」の取材では、自身の「大きな計画」として、来年1月15日に開幕するその年の最初のグランドスラム大会である全豪OPで連覇を狙うと話した。

グラフ氏は、ファンや報道陣に対し「彼女がそれをやりたいかどうか、彼女のやる気次第だと思う」とした上で、「私が聞く限りでは、彼女はテニスに復帰するつもりだ。彼女がこれまでに見せてきた全てが、それを視野に入れているように感じるし、彼女はきっと追い続け、達成するだろう」と続けた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below