September 10, 2018 / 12:10 AM / 8 days ago

テニス=セリーナ、全米OP決勝での暴言などで罰金処分

[ニューヨーク 9日 ロイター] - 全米テニス協会(USTA)は9日、全米オープン決勝で主審に暴言を吐くなどの違反があったセリーナ・ウィリアムズ(米国)に対し、1万7000ドル(約190万円)の罰金処分を科した。

セリーナは大坂なおみに2─6、4─6で敗れた決勝で、違反とされているコーチングを受けたとして4000ドル、ラケットの破壊で3000ドル、主審への暴言で1万ドルの罰金となった。

セリーナは主審に対し、コーチング違反の判定に不満を示し、謝罪を要求。その後、ポイントペナルティを与えられたことを受け、主審に「泥棒」と暴言を吐いた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below