January 10, 2019 / 1:33 AM / 2 months ago

テニス=「セリーナの功績は騒動後も失われない」、エバート氏が擁護

1月9日、女子テニス界のレジェンドであるクリス・エバート氏が、全豪オープンで主審批判後では初めてグランドスラムに出場するセリーナ・ウィリアムズを擁護した。写真はセリーナ。アブダビで2018年12月に撮影(2019年 ロイター/Suhaib Salem)

[9日 ロイター] - 昨年の全米オープン決勝で主審に暴言を吐くなどの違反があったセリーナ・ウィリアムズ(米国)が、現地14日から始まる全豪オープンで騒動以後では初めてグランドスラムに出場する。そのセリーナについて、女子テニス界のレジェンドであるクリス・エバート氏が語っている。

エバート氏は騒動後でもグランドスラムの個人タイトル優勝24回の最多タイ記録を誇るセリーナの功績は失われないと強調。「例の騒動は、彼女が長年にわたって君臨し、グランドスラムの最多勝記録を更新するかもしれないという事実に影を落とすでしょう」とコメント。

「ただし彼女の情熱、時にコートで冷静さを欠いたことがあったとしても、全体的な評価に傷がつくことはないと私は思っている」と続けていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below