September 4, 2019 / 2:48 AM / 18 days ago

テニス=セリーナが4強入り、全米オープン100勝目

 テニスの四大大会最終戦、全米オープンは3日、ニューヨークで女子シングルス準々決勝を行い、元世界ランク1位で第8シードのセリーナ・ウィリアムズ(写真)は第18シードの王薔に6─1、6─0の圧勝で準決勝に進んだ(2019年 ロイター/Geoff Burke-USA TODAY Sports)

[ニューヨーク 3日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンは3日、ニューヨークで女子シングルス準々決勝を行い、元世界ランク1位で第8シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)は第18シードの王薔(中国)に6─1、6─0の圧勝で準決勝に進んだ。

37歳のセリーナは立ち上がりから圧倒し、25本のウィナーを決め、ファーストサーブでのポイント率は90%を記録。1日に行われた4回戦でネットに走り込む際に右足首をひねっていたが、問題ないと語った。

試合後、この勝利で全米オープン通算100勝を達成したセリーナは「100に到達するなんて考えたこともなかった。とても特別なこと。忘れることはない」と話した。

もう1試合では、第5シードのエリナ・スビトリナ(ウクライナ)が第16シードのジョアンナ・コンタ(英国)にストレート勝ち。準決勝ではセリーナと戦う。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below