September 11, 2018 / 3:27 AM / 12 days ago

テニス=セリーナが批判した主審、国際連盟が擁護

[10日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンの女子シングルス決勝で、大坂なおみと対戦したセリーナ・ウィリアムズ(米国)が主審カルロス・ラモス氏を批判した件で、国際テニス連盟(ITF)はラモス氏の判定を擁護した。

 9月10日、テニスの四大大会最終戦、全米オープンの女子シングルス決勝で、大坂なおみと対戦したセリーナ・ウィリアムズ(左)が主審カルロス・ラモス氏(右)を批判した件で、国際テニス連盟はラモス氏の判定を擁護した。ニューヨークで8日撮影(2018年 ロイター/Robert Deutsch-USA TODAY Sports)

ITFは10日、声明で「カルロス・ラモス氏はテニス界で最も経験豊富で、尊敬されている審判のひとり。ラモス氏の判定はルールに従ったものだった」と述べた。

セリーナはコーチングの違反で警告を受けた後、ラケットをコート上にたたきつけてポイントペナルティーを受けた。さらにラモス氏を「ポイントを奪った泥棒」と呼び、ゲームペナルティーを言い渡された。

セリーナは2─6、4─6で敗戦。この試合での言動で全米テニス協会(USTA)から1万7000ドル(約190万円)の罰金処分を科された。

*カテゴリーを追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below