September 8, 2014 / 1:37 AM / 5 years ago

テニス=セリーナが全米OP3連覇、四大大会18勝目

 9月7日、テニスの全米オープン女子シングルス決勝で、セリーナ・ウィリアムズ(写真)が第10シードのキャロライン・ウォズニアッキを下し、同大会3連覇、通算6回目の優勝を果たした(2014年 ロイター/Shannon Stapleton)

[ニューヨーク 7日 ロイター] - テニスの四大大会の最終戦、全米オープンは7日、ニューヨークで女子シングルス決勝を行い、世界ランク1位で第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)が第10シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)を6─3、6─3で下し、同大会3連覇、通算6回目の優勝を果たした。

セリーナは1時間15分で勝利。今大会1セットも落とすことなく優勝した。四大大会優勝は通算18回目で、クリス・エバート、マルチナ・ナブラチロワ(ともに米国)に並んだ。

元世界ランク1位のウォズニアッキは5年ぶりの四大大会の決勝進出だったが、四大大会初優勝にはまたも届かなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below