March 24, 2015 / 3:42 AM / 4 years ago

テニス=シャラポワ、米国への帰化は「考えたこともない」

 3月23日、女子テニスの世界ランク2位、マリア・シャラポワは、米国への帰化について考えたことはなく、この先も国籍を変えるつもりはないと述べた。クラクフで2月撮影(2015年 ロイター/Mateusz Skwarczek/Agencja Gazeta POLAND)

[ロンドン 23日 ロイター] - 女子テニスの世界ランク2位、マリア・シャラポワ(27、ロシア)は、米国への帰化について考えたことはなく、この先も国籍を変えるつもりはないと述べた。

シャラポワは7歳のときにシベリアから米フロリダ州に移住し、これまでに四大大会で5回の優勝を達成。スポンサー契約も多いほか、自身のキャンディビジネスも展開するなど、アメリカンドリームを体現している。

しかし、シャラポワは「国籍を変えたかったら、すでにそうしている。国籍を変更については、これまで家族もチームも考えたことがない」とコメント。「ロシアでの経験が自己形成につながっている」とし、「強い精神力と絶対にあきらめない姿勢」が身についたと説明した。

シャラポワは女子テニスの国別対抗戦、フェド杯ではロシア代表チームの一員としてプレー。2014年ソチ冬季五輪では聖火リレーに参加した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below