June 17, 2019 / 4:27 AM / a month ago

テニス=肩故障のシャラポワ、ナダルを称賛「究極のファイター」

 肩のケガからの復帰を目指す女子テニスのマリア・シャラポワ(写真)は16日、膝の故障を経て全仏OPを制したラファエル・ナダルから刺激を受けていると語った。メルボルンで1月撮影(2019年 ロイター/Lucy Nicholson)

[サンタポンサ(マジョルカ) 16日 ロイター] - 肩のケガからの復帰を目指す女子テニスのマリア・シャラポワ(32、ロシア)は16日、膝の故障を経て全仏オープン(OP)を制したラファエル・ナダル(スペイン)の回復力を称賛した。

四大大会5回優勝を誇るシャラポワは、1月のサンクトペテルブルク・トロフィーを右肩のケガで棄権し、手術を受けた。ウィンブルドン選手権に向けて準備を進める同選手は、来週に行われる芝コートのマジョルカ・オープンで復帰の予定となっている。

膝のケガから復帰し、先週末に最多通算12回目の全仏OP優勝を果たしたナダルを、シャラポワは「彼は究極のファイターで、決意と情熱があれば成し遂げられるということを示す素晴らしいお手本。彼のケガの乗り越え方にはいつも感心してきた」と称賛した。

また、シャラポワはロイターに対し、肩の痛みはなく、コートへの復帰も喜ばしいとしつつも、本当に問題がないかどうかは実際の試合で分かるとも述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below