February 27, 2020 / 1:19 AM / a month ago

テニス=元女王シャラポワ、引退を表明

 女子テニスで世界ランキング1位と四大大会5回の優勝経験を持つマリア・シャラポワが26日、現役からの引退を表明した。2019年12月にアブダビで撮影(2020年 ロイター/Ahmed Jadallah)

[ベルリン 26日 ロイター] - 女子テニスで世界ランキング1位と四大大会5回優勝の経験を持つマリア・シャラポワ(32、ロシア)が26日、現役からの引退を表明した。

2004年に17歳でウィンブルドン選手権を優勝してスターダムに上がったシャラポワは、米誌「バニティ・フェア」において「テニスに別れを告げる」とした。

シャラポワは16年の全豪オープン(OP)において禁止薬物メルドニウムの使用で15カ月間の出場停止処分を受け、その後に復帰したものの以前ほどのプレーを見せられていなかった。今年は2試合に出場して全豪OPの1回戦で敗れたのが最後。世界ランキングは373位だった。

シャラポワは「振り返ってみればテニスは私にとって山だった。私の道のりは谷や回り道にあふれていたが、山頂からの景色は信じがたいほどのものだった」と現役生活について述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below