August 26, 2019 / 3:58 AM / a month ago

テニス=セリーナとシャラポワが全米初対戦へ、大坂も注目

 女子テニスの元世界ランク1位同士であるセリーナ・ウィリアムズ(右)とマリア・シャラポワ(左)は、26日に開幕する四大大会の全米オープン1回戦で対戦する。メルボルンで2016年1月撮影(2019年 ロイター/Tyrone Siu)

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 女子テニスの元世界ランク1位同士であるセリーナ・ウィリアムズ(米国)とマリア・シャラポワ(ロシア)は、26日に開幕する四大大会の全米オープン1回戦で対戦する。

何年にもわたって女子テニス界をけん引してきた両者だが、全米オープンで戦うのは今回が初となる。

史上最多タイとなる通算24回目の四大大会制覇を狙うセリーナは、通算成績ではシャラポワに19勝2敗と圧倒している。シャラポワが最後に勝ったのは2004年。両者は16年の全豪オープンを最後に対戦していない。

1回戦で実現するビッグネーム同士の対決には、選手も注目している。ディフェンディングチャンピオンとして臨む大坂なおみも報道陣に対し、「もちろん見る。ニューヨーク中の人々が観戦すると思う。グランドスラムにはいつも何らかのドラマがある」とコメント。

カナダの10代選手、ビアンカ・アンドレースク(カナダ)も「絶対、その試合は見る」と話している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below