for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シェル、最大9000人の削減を検討 事業構造の改革で

 9月30日 英・オランダ系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルは最大で全従業員の10%強に当たる9000人の削減を計画していると発表した。写真は2019年1月、ベルギーのサン・ピエール・ルウで撮影FILE PHOTO: The logo of Royal Dutch Shell is seen at a petrol station in Sint-Pieters-Leeuw, Belgium January 30, 2019. REUTERS/Yves Herman

[ロンドン 30日 ロイター] - 英・オランダ系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルRDSa.Lは30日、最大で全従業員の10%強に当たる9000人の削減を計画していると発表した。低炭素エネルギー事業に注力する大規模構造改革の一環。

同社の従業員は19年末時点で8万3000人。2022年末までに7000─9000人を削減する。このうち約1500人は年内に自主退職する予定。

組織改革により、2022年には20─25億ドルのコストが削減できる見通し。

同社は再生可能エネルギーなど利益率の比較的低い分野に注力していく方針を発表しており、それにはコスト削減が鍵る。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up