for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シェル、石油・ガス資産でさらに減損 通年では220億ドルに

 12月21日 英・蘭系エネルギー大手、ロイヤル・ダッチ・シェルは、2021年に石油・ガス資産で35億─45億ドルの評価減を行う方針を示した。写真は2019年1月、ベルギーのサン・ピエール・ルウで撮影(2020年 ロイター/Yves Herman)

[ロンドン 21日 ロイター] - 英・蘭系エネルギー大手、ロイヤル・ダッチ・シェルは21日、第4・四半期の業務報告で、石油・ガス資産について、税引き後で35億─45億ドルの評価減を行うとの見込みを示した。同社は今年すでに見通しの悪化を受け減損を発表しており、今年の減損は総額220億ドルに達する可能性がある。

新たな評価減は、米メキシコ湾の石油・ガス田、製油所の閉鎖や液化天然ガス(LNG)契約に関連して実施する。

シェルは第2・四半期決算で168億ドルの減損処理をし、10月にはLNG事業で10億ドル弱の減損をした。

第4・四半期の報告によると、上流部門の石油・ガス生産は日量227万5000─235万石油換算バレル程度と予想。米メキシコ湾の操業がハリケーンで停止したことや、欧州北部が温暖なことが影響したとしている。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)による需要低迷で石油精製所の稼働率は72─76%にとどまると予想した。

燃料販売は日量400万─500万バレルと第3・四半期とほぼ変わらずと予想。

石油・ガス取引利益は、第3・四半期から大幅に減少するとの見通しを示した。

第4・四半期決算は、来年2月4日に発表する予定。ベン・ファン・ブールデン最高経営責任者(CEO)は来年2月11日に温室効果ガスの排出を削減し低炭素エネルギー・発電事業を強化する長期戦略を発表することになっている。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up