for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シェル第2四半期は赤字回避、コロナ禍で減損168億ドル 悪影響続く

 7月30日、英蘭系石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルが発表した第2・四半期決算は、トレーディング事業が好調で赤字を回避した。写真は2019年1月、ベルギーのルウ=サン=ピエールで撮影(2020年 ロイター/Yves Herman)

[ロンドン 30日 ロイター] - 英蘭系石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルRDSa.Lが発表した第2・四半期決算は、トレーディング事業が好調で赤字を回避した。第3・四半期についてはコロナ禍の価格や売上高への悪影響が続くとの見通しを示した。

第2・四半期については、コロナ禍により石油・ガス価格の下落を予測、総額168億ドルの減損処理を計上した。これは見通しの下限付近だった。

特別項目を除外し供給コストを調整した利益は6億ドルとなり、前年同期の35億ドルから減少。アナリスト予想は6億7400万ドルの赤字だった。原油・石油製品のトレーディングが好調だったことや営業経費減少で黒字を確保した。

製油所の原油精製率が25%程度低下したが、精製・トレーディング事業利益は15億ドルと前年同期から30倍となった。燃料販売は39%減。

上流部門は67億ドルの赤字。生産は前年比7%減の日量241万5000石油換算バレルとなった。北米でのシェール資産、ブラジル・欧州のオフショア資産、ナイジェリア資産に関連し税引き後で47億ドルの減損費用を計上した。

液化天然ガス販売は7%減少。統合ガス部門では主にオーストラリア事業関連で82億ドルの評価損を計上した。

純債務は778億ドルに増加、ギアリング比率は2.8%上昇し32.7%となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up