for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シェル、米テキサス州でグリーン電力小売りの家庭向け新事業開始

 6月7日、英石油大手シェルは、米テキサス州全域で家庭向けの「グリーン」をうたう新しい電力小売り事業を開始した。写真はシェルのロゴ。ロンドンで2010年7月撮影(2022年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 7日 ロイター] - 英石油大手シェルは7日、米テキサス州全域で家庭向けの「グリーン」をうたう新しい電力小売り事業を開始した。オフピーク時間帯の電気自動車(EV)の無料充電や、住宅の余剰太陽光発電の買い取り措置などが目玉。

シェルが2017年に買収した同州の電力小売りMP2エナジーを通じて提供する。MP2エナジーの顧客数は約3万3000。

シェルは投資の大半が今もなお石油・ガス事業向けだが、2050年までの排出量実質ゼロ化を掲げており、売買電事業に進出したい意向がある。テキサス州などで既に、再生エネルギーを生産する風力や太陽光発電業者に投資している。

テキサス州はエネルギーの生産と消費で全米一だが、連邦規制を回避するために独自の送配電網を構築し、州を超えた電力供給システムがない。現状は州公益事業体が送配電を牛耳る形で2600万以上の消費者に電力を供給している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up