for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

訂正-国内経済のファンダメンタルズは良好=柴山首相補佐官

[東京 24日 ロイター] - 柴山昌彦首相補佐官は24日、都内の講演で「景気の緩やかな回復基調から局面が変わってきているのではないかと、いろいろな人が言っているが、ファンダメンタルズは良好だ」と語った。そのうえで判断に変化があるとは考えていないと指摘した。

具体的には、企業収益、雇用、所得環境の改善は続いているとし、「このところ一部に弱い動きはあるものの、緩やかな回復基調」との判断を政府は示してきたと述べた。

マイナス成長の背景として記録的な暖冬の影響を挙げつつ、10-12月期の企業収益は引き続き高い水準の見込みで、雇用者報酬が前期比プラス0.2%、前年同期でもプラス1.8%、有効求人倍率は1.27倍と24年ぶりの水準となっており、ファンダメンタルズは良好であると指摘した。

そのうえで、政府としての景気判断は、各種の経済指標も含めて今後も慎重に検討する必要があると語った。

*本文の「景気の緩やかな回復基調から局面が変わってきているのではないか」としたコメントを削除し、2段落目と3段落目に追記しました

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up