July 24, 2019 / 7:43 AM / in a month

信越化、20年3月期営業利益予想4050億円 アナリスト予想下回る

[東京 24日 ロイター] - 信越化学工業(4063.T)が24日に公表した2020年3月期の業績予想では、売上高が前年比2.8%減の1兆5500億円、営業利益が同0.3%増の4050億円、当期利益が同1.6%増の3140億円だった。通商問題や中国経済の動向など多くの不確定要因を抱え、先行きは予断を許さないとしている。

リフィニティブが集計したアナリスト16人の営業利益の予測平均値は4104億円だった。

配当予想も公表し、第2・四半期末に110円(前期実績100円)、期末110円(同100円)とした。

同社は見通しの前提として、主力製品の中に市況や需給変動の影響を大きく受けるものがあり、合わせて海外売り上げが全体の7割を占め、為替の変動が事業に影響を与えるとしている。

田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below