for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

塩野義、コロナ経口薬の供給で政府と基本合意 まず100万人分

 塩野義製薬は25日、開発中の新型コロナウイルス感染症の経口治療薬について、国内供給することで厚生労働省と基本合意書を締結したと発表した。都内で2020年5月撮影(2022年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 25日 ロイター] - 塩野義製薬は25日、開発中の新型コロナウイルス感染症の経口治療薬について、国内供給することで厚生労働省と基本合意書を締結したと発表した。

治療薬の製造販売承認後、同社が製造販売することを条件に、厚生労働省と売買契約などの締結へ協議・交渉を進めていく。政府は、承認後速やかに100万人分を購入し、それ以降も一定数量を確保する方向で協議が行われるという。

岸田首相は先月、同社の経口薬について安全性や有効性が確認されれば、速やかに承認し、必要量を供給したいと発言している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up