September 25, 2018 / 6:26 AM / a month ago

ポルトガル沿岸で400年前の沈没船発見、スパイスや大砲積む

[カスカイス(ポルトガル) 24日 ロイター] - ポルトガル沿岸を調査していた考古学者らが、400年前にインドから香料などを積み込んできてリスボン付近で沈没したと考えられる船体を発見した。

 9月24日、ポルトガル沿岸を調査していた考古学者らが、400年前にインドから香料などを積み込んできてリスボン付近で沈没したと考えられる船体を発見した。 提供写真(2018年 ロイター/Augusto Salgado/Cascais City Hall)

プロジェクトを率いるJorge Freire 氏は、「10年に一度の大発見だ。ポルトガルにとっては、史上最も重要な発見だ」と述べた。

船体は水深12メートルにあり、船内や周辺からスパイスやポルトガルの紋章入り大砲、中国製陶磁器、植民地時代に奴隷取引の際使用された通貨の一種であるタカラガイなどが見つかっている。

船体は9月3日にカスカイス沖で発見され、Freire氏は船体も積載物も「保存状態が極めて良い」としている。Freire氏らは、この船がインドとの香料貿易が最盛期だった1575─1625年の間に沈没したとみている。

メンデス文化相は、「専門家は長らく、タグス川河口は沈没船のたまり場と考えていた。今回の発見はそれを証明した」と述べた。

今回の発見は、カスカイス市議会と海軍、ポルトガル政府、およびリスボン新大学の支援による10年来の考古学プロジェクトの一環だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below