December 18, 2019 / 6:32 AM / 5 months ago

昭和電工がTOBで日立化成を買収、5Gや半導体で成長目指す

[東京 18日 ロイター] - 昭和電工(4004.T)は18日、日立化成(4217.T)を株式公開買い付け(TOB)により買収すると発表した。TOB価格は1株4630円、買付代金は総額9640億円となる。昭和電工は、今回の買収よって、5G、半導体、自動車電動化などに注目した7事業領域での成長を目指す、としている。

TOB開始は2020年2月中旬ごろを予定。日立化成は同TOBに賛同している。日立化成株を51.2%保有する親会社の日立製作所(6501.T)は全株をTOBに応募する。TOBの下限は1億3881万3300株(議決権の3分の2)。買収資金の調達で、普通株式の新株発行は行わない。

森川宏平社長CEO(最高経営責任者)は、今回の買収を「さらに高い山を目指す歴史的な一歩」と位置付けた。世界で戦うには、ある程度の規模が必要になるという。

また「GAFAの存在により、これまでとはサプライチェーンの考え方が変わってくる。これからは、サプライチェーンを垂直統合することが必要」と述べた。

原料や間接材の共同購入や製造プロセス・拠点の統廃合などによる間接費の削減や事業ポートフォリオの再編、コスト構造改革を進めることで、買収によるシナジーとして、買収完了3年後をめどに年間200億円以上の効果を見込んでいる。

具体的な事業ポートフォリオ再編については「何か決まっていることはない。選択と集中は聖域を持たずにやることで一致している」とし、事業売却も辞さないとしている。

日立製作所は、予定している株式全ての売却が行われた場合、2020年3月期の個別決算で特別利益として、関係会社株式売却益約4780億円を、連結決算でその他の収益として事業再編等利益約2780億円を、それぞれ計上する予定としている。

*内容を追加しました。

清水律子 田中志保

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below