for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シーメンス、7─9月売上高・受注が予想上回る 供給網の混乱緩和へ

[チューリヒ 11日 ロイター] - 独エンジニアリング・グループのシーメンスが11日発表した第4・四半期(7─9月)決算は、売上高と受注が予想を上回った。

独エンジニアリング・グループのシーメンスが11日発表した第4・四半期(7─9月)決算は、売上高と受注が予想を上回った。写真は同社のロゴ。チューリヒで2019年1月撮影(2021年 ロイター/Arnd Wiegmann)

2022年度は部品不足と物流の混乱が緩和するとみられ、一段の成長が見込まれるという。

7─9月の売上高は18%増の174億4000万ユーロ(201億7000万ドル)。市場予想の168億2000万ユーロを上回った。

受注は26%増の190億7000万ユーロ。市場予想の175億6000万ユーロを上回った。

同社は「主に電子部品と原材料に関連した供給網のリスク」が存在するが、主要市場に成長機会があると表明した。

工業部門の調整後の営業利益は14%減の22億7000万ユーロ。市場予想の24億5000万ユーロを下回った。純利益は29%減の13億3000万ユーロ。前年同期に一時利益を計上したことが影響した。

通期の純利益は59%増の66億9000万ユーロ。市場予想と自社予想の61億─64億ユーロを上回った。

ローランド・ブッシュ最高経営責任者(CEO)は「厳しい環境下で市場シェアを確保し、純利益の自社予想を明らかに上回った。この勢いは2022年度も続く」と述べた。

同社は、新型コロナウイルス禍からの景気回復が追い風となり、2021年度に4回、業績予想を上方修正した。

同社は2022年度の増収率が、為替変動と事業買収・売却の影響を除くベースで1ケタ台半ばになると予想。

1株配当を前年の3.50ユーロから4.00ユーロに引き上げることも提案した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up