February 11, 2020 / 3:48 AM / 10 days ago

アジア航空各社は見通し引き下げへ、新型肺炎流行で航空ショー縮小

 2月10日、アジアの航空業界団体は、新型肺炎による危機のために航空各社が、成長見通しの「大幅な」引き下げに直面しているとの見方を示した。11ー16日に開催の「シンガポール・エアショー」への出展計画を縮小する企業が増えており、悲観的な見方が強まっている。写真はメディアに公開された同エアショーの会場。9日撮影(2020年 ロイター/Edgar Su)

[シンガポール 10日 ロイター] - アジアの航空業界団体は10日、航空各社は新型肺炎による危機のために、成長見通しの「大幅な」引き下げに直面しているとの見方を示した。11ー16日に開催の「シンガポール・エアショー」への出展計画を縮小する企業が増えており、悲観的な見方が強まっている。

シンガポール・エアショーが始まるが、新型肺炎の流行を受けて中国企業などが展示を見送ったため、展示会場には空きスペースが点在する。これまでに米企業を含め70社以上が、新型コロナウイルスによる懸念などで参加を取りやめた。

国際航空運送協会(IATA)は新型肺炎の流行前には、20年に乗客数は4%増加し、貨物輸送量は2%増加すると予想していた。

アジア太平洋航空協会(AAPA)のハードマン事務局長はインタビューに対し「今年の運航量見通しは全て白紙だ」と指摘。「運航計画の縮小と実際の状況を見ると、中国国内では50、60、70%まで縮小されている。かなり大幅だ」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below