November 6, 2018 / 1:39 AM / 10 days ago

中国、貿易問題解決へ米国と協議の用意=王岐山国家副主席

 11月6日、中国の王岐山国家副主席(写真)は、中国と米国が対立すれば双方の損失になるとし、中国は貿易問題の解決に向けて米国と協議を行う用意があると表明した。テルアビブで10月に撮影(2018年 ロイター/AMIR COHEN)

[シンガポール 6日 ロイター] - 中国の王岐山国家副主席は6日、中国と米国が対立すれば双方の損失になるとし、中国は貿易問題の解決に向けて米国と協議を行う用意があると表明した。

王副主席は当地で行われたフォーラムで「米中両国は貿易や経済での協力拡大を望んでいる」とし、「中国側は共通の関心事について米国と協議を行い、貿易問題で双方に受け入れ可能な解決策に向けて取り組む用意がある」と述べた。

また「今日の世界は米中の緊密な協力を必要とする多くの課題に直面している」とし、中国と米国が協力すれば双方の利益になり、対立すれば互いの損失になると強く信じていると述べた。

中国は国際的な紛争をルールやコンセンサスに基づいて解決することを支持するとともに、一国主義や保護主義に断固対抗するとも強調した。

さらに「米中関係は世界の安定と発展に直接影響を及ぼす」との認識を示し、「米中関係は本質的に互恵的であり、貿易や経済での協力が今後も安定的かつ健全な両国関係を支え、発展させる」と指摘。その上で「中国は冷静さを保ち、対外開放を一段と進めるとともに、相互利益の実現に取り組む」と表明した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below