May 29, 2019 / 7:04 AM / 3 months ago

シンガポール中銀、輸出競争目的の為替操作を否定

 5月29日、シンガポール金融管理局(MAS、中央銀行)は、輸出で優位に立つための為替操作は行っていないと表明した。米財務省が為替報告書でシンガポールを監視リストに指定したことを受けた。写真は2013年2月撮影(2019年 ロイター/Edgar Su)

[シンガポール 29日 ロイター] - シンガポール金融管理局(MAS、中央銀行)は29日、輸出で優位に立つための為替操作は行っていないと表明した。米財務省が為替報告書でシンガポールを監視リストに指定したことを受けた。

米財務省は28日に公表した半期に1度の為替報告書で、主要貿易相手国を為替操作国と認定することを見送ったが、中国や日本、韓国、マレーシア、シンガポールなど9カ国について、通貨政策を注視するとし、監視リストに指定した。[nL4N2344LV]

MASは声明を発表し、「MASは輸出での優位性や経常黒字を実現するための為替レート利用を行っておらず、利用することもできない」と強調した。また、シンガポールドルを意図的に切り下げればインフレ高進につながり、中銀の物価安定目標が損なわれると指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below