for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シンガポール、来年から消費税引き上げ 企業支援も発表

 2月18日、シンガポールのローレンス・ウォン財務相は予算演説で、来年から消費税率を引き上げると表明した。高所得者向けの一連の増税も発表した。昨年3月撮影(2022年 ロイター/Edgar Su)

[シンガポール 18日 ロイター] - シンガポールのローレンス・ウォン財務相は18日の予算演説で、来年から消費税率を引き上げると表明した。高所得者向けの一連の増税も発表した。

消費税は来年1月から8%に、2024年から9%に引き上げる。現行の税率は7%。

個人所得税の最高税率のほか、住宅不動産、高級車に対する税率も引き上げる。

同国経済は新型コロナウイルス禍から回復しているが、政府は国際金融ハブとしての魅力を維持しながら、資産格差の拡大や生計費の上昇を防ぐという難しいかじ取りを迫られている。

同相は低賃金労働者を支援するため、今後5年間で約90億シンガポールドル(67億ドル)を支出すると表明。インフレのリスクを注視しているとも述べた。

雇用・企業支援に5億シンガポールドル(3億7200万ドル)を投じる計画も発表。国民が生計費の上昇に対応できるよう5億6000万シンガポールドルの予算を計上することも明らかにした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up