Reuters logo
現在の金融政策は適切=シンガポール中銀
2015年11月25日 / 03:27 / 2年後

現在の金融政策は適切=シンガポール中銀

[シンガポール 25日 ロイター] - シンガポール金融管理局(MAS、中銀)のジャクリーン・ロー副長官は25日、現在の金融政策は適切との見解を示した。通産省の経済成長率見通し修正は、10月の政策決定の範囲内だと述べた。

 11月25日、シンガポール金融管理局(MAS、中銀)のジャクリーン・ロー副長官は25日、現在の金融政策は適切との見解を示した。写真はMASのロゴ、2013年2月撮影(2015年 ロイター/Edgar Su)

シンガポール通産省が発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)改定値は、季節調整済みで前期比年率1.9%増となった。伸び率は速報値の0.1%を大きく上回った。市場予想は前期比年率横ばいだった。

前年比では1.9%増で、市場予想(1.4%増)を上回った。

通産省は今年通年の経済成長率見通しを従来の2.0─2.5%から「2.0%近く」に修正。2016年については1.0─3.0%を見込む。

ロー副長官は、経済成長率見通しの修正を踏まえても、MASのインフレ見通しは変わっていないと述べた。コアインフレ率見通しは2015年が0.5%前後、16年が0.5─1.5%で、総合インフレ率見通しは15年がマイナス0.5%前後、16年がマイナス0.5─プラス0.5%となっている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below