August 19, 2019 / 12:39 AM / a month ago

シンガポール、2030年までに定年を65歳に引き上げ=首相

 8月18日、シンガポールのリー・シェンロン首相(写真)は、同国は今後徐々に定年の年齢を引き上げ、最終的に65歳にするとの方針を明らかにした。5月にシンガポールで撮影(2019年 ロイター/FELINE LIM)

[シンガポール 18日 ロイター] - シンガポールのリー・シェンロン首相は18日、同国は今後徐々に定年の年齢を引き上げ、最終的に65歳にするとの方針を明らかにした。

現在62歳の定年は、2022年に63歳となり、2030年までに65歳となるという。

シンガポールは出生時の余命が世界最長で、出生率低下と外国人労働者規制のため高齢の国民への依存度が高まっている。

首相は、「実際、大半の高齢者が退職を望んでいない。われわれはより長く健康で、長生きになっているが、老後の長期化は望んでいない。また、われわれの多くは最終的な引退に備えてより多くの貯蓄をしたいと考えている」と述べた。

シンガポールはまた、再雇用の年齢を現在の67歳から2030年までに70歳に引き上げる方針。現行法では、国内企業は対象従業員に67歳まで就業継続の選択肢を提供することが義務付けられている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below