October 31, 2018 / 11:17 PM / in 21 days

米テルリアン、東芝のフリーポートLNG事業を買い取らない方針

[シンガポール 31日 ロイター] - 液化天然ガス(LNG)事業を手掛ける米テルリアンの共同創業者兼副会長のマーティン・ヒューストン氏は31日、ロイターに対し、同社は東芝が20年間の液化加工契約を結んだテキサス州のフリーポートLNG事業を買い取らないと明らかにした。

同氏は「検討の結果、買い取らないことを決めた」と語った。

東芝はフリーポートLNG基地で建設中の液化基地から生産されたLNGを20年にわたり引き取る契約を締結している。

ヒューストン氏によると、テルリアンは現在、ルイジアナ州のドリフトウッドLNGプロジェクトに注目している。同社は来年上半期にドリフトウッド基地への最終投資判断を下す見通し。

同氏は「われわれはLNG基地の建設に専念している。最終投資判断を行った後、LNGの取引開始を望むかどうかを検討する可能性がある」と述べた。

世界第2位のLNG輸入国である中国は先月、米国から輸入するLNGに10%の追加関税を導入した。

ヒューストン氏はまた、ドリフトウッド基地でのLNG生産は2023年に開始、出荷は2024年の予定で、その頃には米中貿易摩擦は過去のものとなっているか、業界全体で供給先が変更されているとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below