for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シンガポールの通信大手、5G基幹網構築でファーウェイ選定せず

 6月25日、シンガポールの通信大手は、第5世代(5G)の基幹通信網の構築でノキアとエリクソンを選定し、華為技術(ファーウェイ)との契約を見送った。写真はノキアのロゴ、3月2日にフィンランドで撮影(2020年 ロイター/Lehtikuva/Markku Ulander via REUTERS)

[シンガポール 25日 ロイター] - シンガポールの通信大手は、第5世代(5G)の基幹通信網の構築でノキアNOKIA.HEとエリクソンERICb.STを選定し、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]との契約を見送った。

シンガポールの主要貿易相手国である米国と中国は、ファーウェイを巡って対立している。

シンガポール政府は通信会社に対し、セキュリティーなど様々な面で条件を満たせば、独自に契約先を選定できるとしていた。

M1とスターハブSTAR.SIの合弁通信会社は、無線アクセスネットワークの構築にノキアを選定したと発表。コアネットワークとミリ波ネットワークの優先サプライヤーもノキアとした。

ネットワークの他のパーツについては、ファーウェイと中興通訊(ZTE)000063.SZとの契約を模索中としている。

シンガポール・テレコムSTEL.SIは、無線アクセスネットワーク、コアネットワーク、ミリ波ネットワークの構築でエリクソンと交渉することを決めたと発表した。

イスワラン情報通信相は「いかなるベンダーも排除しなかった」と表明。セキュリティー、耐性、パフォーマンスを重視するよう求めたと述べた。

同相は、シンガポール国内で5G網を構築できるオーストラリアのTPGテレコムTPM.AXについて、ファーウェイと契約することが可能だと述べた。

ファーウェイのコメントは取れていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up