for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国「独身の日」、輸入品の売り上げトップは米国 日本も好調

[北京/上海 12日 ロイター] - 中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングと京東商城(JDドットコム)は、中国で11月11日の「独身の日」に合わせて行う恒例のネット通販セールで、輸入品の売り上げトップは米国だったと発表した。

独身の日の取扱高(GMV)は2社合わせて約1160億ドルに達した。

独身の日のセールは例年、11月11日の1日だけ実施されているが、今年は両社を含めた各社がセール期間を数日延ばした。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で海外に行けない消費者の間では、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の製品やファーストリテイリングの「ユニクロ」などのブランドが人気だった。

アリババのGMVは1─11日分を合わせた額としては4982億元(752億8000万ドル)となった。JDドットコムの同期間のGMVは2715億元だった。

JDドットコムは11日、ロイターに対し、アップルの「iPhone」や、仏ロレアルのランコムトナー、シャープの60インチ型スマートLCDテレビなどの売れ行きが好調だったと明らかにした。

アリババは、オーストラリア、ドイツ、日本、韓国などからの製品も好調だったとした。GMVが1億元を上回った企業は470社超に上ったという。

アリババの前年のGMVは2684億元だった。前年はスイス食品大手ネスレや米スポーツ用品小売アンダーアーマーなど299社がGMVで1億元を上回っていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up