March 18, 2019 / 9:32 AM / a month ago

シングテル、モバイル決済アライアンスを日本に拡大

 3月18日、シンガポール・テレコミュニケーションズ(シングテル)は、同社のモバイル・ウォレット・サービスを日本でも利用できる体制を整えるため、日本のネットスターズと提携したことを明らかにした。写真は同社の看板。シンガポールの本社で2015年2月撮影(2019年 ロイター/Edgar Su/File Photo)

[シンガポール 18日 ロイター] - シンガポール・テレコミュニケーションズ(シングテル)(STEL.SI)は18日、同社のモバイル・ウォレット・サービスを日本でも利用できる体制を整えるため、日本のネットスターズと提携したことを明らかにした。

シングテルのモバイル決済アライアンス「VIA」の利用者が日本の店舗でデジタル決済を行えるようになる。

シングテルは東南アジア最大の通信会社。従来の通信サービスに加え、デジタルマーケティング、サイバーセキュリティー、モバイル決済、動画ストリーミングなどへの進出を目指している。

同社は、モバイル決済アライアンスをインド、フィリピン、インドネシアにも拡大する計画。

VIAには、タイの携帯通信最大手アドバンスト・インフォ・サービス(AIS)(ADVANC.BK)も参加。マレーシアのアシアタ・グループ(AXIA.KL)のデジタルサービス部門も、このほど提携で合意した。

シングテルのモバイル顧客は、アジアの関連会社を含め、6億7500万人を超える。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below