January 17, 2018 / 12:51 AM / 9 months ago

F1=ウィリアムズ、シロトキンがドライバーに クビツァはリザーブ

[ロンドン 16日 ロイター] - 自動車レースF1のウィリアムズは16日、新シーズンのドライバーにセルゲイ・シロトキン(22、ロシア)を起用することを発表した。19歳のランス・ストロール(カナダ)と2018年を戦う。

レース復帰に注目が集まっていたロベルト・クビツァ(33、ポーランド)はリザーブ兼開発ドライバーとして加入することで合意に達した。

2011年に趣味のため参加した北イタリアでのラリーで右腕などに重傷を負ったクビツァは、懸命のリハビリを経てウィリアムズなどでテスト走行を行い、復帰を目指していた。

クビツァは「F1に戻ってこれて非常にうれしい。最終的な目標はF1で再びレースをすることだが、これはそのための重要なステップになる」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below